飛躍的に脳のパフォーマンスをあげる方法①

脳は、常にフル回転はしていられない

仕事ができる人ほど、自分でなんでも解決しようとする傾向がある
 
人に任せるより、自分がやった方が早いし、労力もかからないと瞬間的にわかるのである。
 
できる人程、業務量とスピードが速いように感じるのであるが、一概にそうではないことがある。
 
いつも例え話をするのだが、車を時速140㎞ぐらいで飛ばして走っていると
ガソリンの消耗も激しいし、ずっとそのスピードでは走っていられないのである。
 
車も給油したり、車検に出したりするわけで、脳も休める時間や栄養補給の時間が必要なのである。

 
 
脳の栄養とは、成功報酬を与えること
何も考えないで楽しめることで得られる
 
脳が持続的に活動し続けていると、脳疲労を起こし
下記のような症状が現れることがある。
 
・眠っても疲れがとれない
・目元が重たい
・考えても答えが出ない
・行動しても結果が出ないのでネガティブになる
・イライラしやすくなった
 
 
脳は、目標や目的を達成し、味わうことでそれだけで栄養になります。
頭で考えているばかりではなく、カラダを使って思いっきり遊んだり、運動などをすることがオススメです。
 
さらに、近年では、マインドフルネスが流行しており、心身を快適にする効果があると期待されています。
 
 
 
 
俗にいうとメディテーション(瞑想)という技法になりますが、かえってじっとできなくて疲れる
瞑想をしようとしているのに、迷走している状態になることも、しばしばあるようです。
 
瞑想をする場合は、メンターやインストラクターを探して、ちゃんと、一度、瞑想できたという体験を
することが重要になります。
 
あくまでも、いったん「自分」という世界から離れ、客観的に自分を知るツールだということを忘れなければ
素晴らしい脳の休息&栄養になることは間違いないと思います。
 
 

さらに、日本人だからこそ脳のパフォーマンスが上がる方法がある
 
脳のパフォーマンスを最大限上げる方法として、ここでは二つ紹介します。
 
①究極的に、利己中心で生きる
 
②究極的に、利他主義で生きる
 
です。。。。。。。。。。。(笑
 
日本人は、物事を丸く収めたい平和主義な要素があり、それはDNAレベルで何億年前から受け継がれています。
 
だからこそ、ご自身がどちらで生きると脳がより働きやすく、幸せと感じるか味わってみてくださいね(^^)
 
 
補足ですが、、、、、、、
 
YAP(D系統)遺伝子というを持ち、アフリカの先住民やチベット民族とも類似するらしいです。
※神代から伝わる神獣と言われる龍もこのDNAを持っているとされています。
 
そんな日本人に脳のパフォーマンスを高めるため効果的なものがありますので
ご紹介いたします。
 
ひふみよいむなや
 
こともちろらね 
 
しきるゆゐつわぬ
 
そおはたくめか
 
うをえにさりへて
 
のますあせゑほれけん
 
 
 
知った方には、ぜひ、実践してみてくださいね。
 
 
 
役立ったという方は評価をポチっと
よろしくお願い致します!
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 

MAIL MAGAZIN

脳幹Drうちだたくやのブレインマガジン【無料メールマガジン】

 

このメールマガジンでは、カラダの中に存在する自然界のエレメントの育て方、ノウやココロの扱い方、

自己実現をよりスピーディにし、豊かな人生を送るための方法を解説しています。

セラピスト、ボディーワーカー、独立を考えている方、起業家、世界に目を向けて活躍したいと考えている方

などにおススメです。

 

コンテンツや書籍のご案内なども含まれます。ご登録の際はあらかじめご了承ください。

 

※配信ペース週に1~2回

 

ご登録先はこちら

 

 

Contact

お気軽にご相談、ご質問ください。

528taku731@gmail.com

すべて本人より返答させていただきます。

【メルマガ発行元】

662-0024

西宮市名次町4-22-203

株式会社ブレインバンク

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です